トイザらス流水ウォールで夏を感じよう!

こんにちわ!

今日は皆さんもきっと同じみのあのメーカー、トイザらスからのご紹介です!

でもその前に今回は、予め先に問題点だけお知らせしておくことにします。

それは、価格。

Amazon.comでは50ドルほどで売っているのですが、日本ではトイザらスにこの商品のラインナップがありません。

ですので、仮に日本に送るとなるとその’’大きさ’’からかなり送料がかさんでしまいそうなんです。

ちなみにAmazon.co.jpからは4万円〜7万2千円で出ていました。。

(流石にもう少しは安く送れるかとは思いますが、詳しく調べていないのでまだわかりません。。)

 

そんなものを紹介するなという声が聞こえてきそうですが、それは本当にすみません。

でもやっぱり、おもちゃの魅力があって、きっと知らない方が多いのは事実だと思ったので、少しでもこんなおもちゃがあるんだよと知ってもらう意味で、紹介を決めました。

 

そしてその「魅力」についてになりますが、それは、水を流す楽しさは群を抜いているからです!

→よくわかりませんよね汗

 

実は昨日、レゴランドに行ってきたんです。

そこには、小さい人口の川があって、組み立てた船型のおもちゃを流せる。という風になっていました。

もちろんうちの息子ちゃんは無我夢中で遊び、自分の服のことなんか全くのお構い無し。→当たり前w

それで他にもとっても楽しそうな、レゴのプールや、子供達が登って、遊べるアスレチックなどがあって、そっちもと思ったんです。

でもそっちに行って遊んでもやっぱり水の遊びに戻ってしまうんです!

そのあとは絶対その水エリアから離れようとしません。

水のエリアには子供たちで埋め尽くされているような盛況ぶり。

みんなびっしょりになりながら無我夢中で遊んでいました。

 

その時にはすでに気づいていたんですが、水で遊ぶのは子供にとって夢中になれる最強の遊びなんだということ!

それは私たち親の想像を超えていました。

だって大人の私たちから見れば、アスレチックの方がはるかにインパクトがあって、楽しそうだったからです。

(アスレチックには滑り台や、ロープでできた橋、3階までフロアがあって、迷路のようにもなっていました。)

そんなアスレチックが目に入らないほどの楽しさが水遊びに隠されていたなんて。

 

今回の紹介の「Waterfall Discovery wall play set」はそれに似たように、水を流して遊べるので、夢中になること間違いなしと思ったんです。

そして、水の流れていく先々に、下の写真のバケツや、くるくる回る水車を自由に組み替えられます!

子供の想像力に任せて色々できるので、きっと楽しめるはず!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です